原っぱ大学 HARAPPA UNIVERSITY原っぱ大学 HARAPPA UNIVERSITY

コロナ対策活動指針 facebook 体験・見学申込

逗子ギャングコース 2020年4月の変更点

逗子ギャングコースは2015年2月に原っぱ大学 第0期としてプログラムを開始してから5年間、枠組みに大きな変更はほぼ行わずにこれまで続けてきました。延べ500組以上の親子の皆さんとの遊びと関わる中で「もっとこうすればさらに自由に遊べる」「ここを変えればもっと価値を感じてもらえる」、そう思うことが多々ありながら、なかなか手が付けられないでいました。良くも悪くも、すべてが「手作り」のサービスで、参加者の皆さんのご理解とご協力に支えられて継続してくることができました。

今後、原っぱ大学がさらに進化し、より多くの皆さんにとってワクワクする場になっていけるよう、以下の観点でサービスの見直しと再設計をしました。

①参加者の皆さんひとりひとりが「原っぱ大学に参加してよかった」と思えるよう場の価値を最大化する
②参加予約や振替など参加にかかる事務手続きをスムーズかつ分かりやすくする
③原っぱ大学の場の価値の源泉であるスタッフのフィールドでのパフォーマンスが最大化するよう事務負荷を最小化する
(③は皆さんにとって直接は関係がない裏側のお話ですが、安全安心を守りながら思い切り遊ぶ場をつくるためにはスタッフがとてもとても大切な役割を果たしているため、あえてここに書かせていただきました)

以下に変更の具体的なポイントをまとめて記載します。

①曜日固定の「コース」制から任意のタイミングで参加できる「チケット」制へ

【変更前】
ギャングコースのなかでも所属コースが決まっており、第3日曜日コース、第4日曜日コースなど、1年間、通っていただく曜日が決まっていました。欠席や悪天候で実施ができなかった場合、別日に振替は可能でしたが、柔軟に予定が組み立てづらくなっていました。

【変更後】
チケット制(パスポートもあり)を導入しました。曜日固定ではなく、月3回(第2、第3、第4日曜日)開かれるフィールドワークの日程からお好きなタイミングに予約をいれてご参加いただく、という柔軟な参加形態にしました。お子さんやご自身の予定にあわせてフレキシブルに参加予定を組み立てられます。また、専用の予約システムを利用するため、チケットの残数やスケジュールの管理が簡単になります。

②6回/12回参加のチケットとパスポート、3種類の参加形式から選べるように

【変更前】
コースの参加形態は1年間12回の一択のみでした。もっと頻度高くフィールドに参加したい、というお声や、先々の予定が見えないから短期間で参加したい、などのお声を頂いておりました。

【変更後】
PASS6(全6回分のチケット)、PASS12(全12回分のチケット)、原っぱ1year(最大年間36回参加できるパスポート)の3種類の参加形式をご用意しました。ご家族の状況に応じてチケットを選んでいただけます。また、チケット消化後は追加購入することにより継続的にご参加いただけます。

③逗子ギャングコースのフィールドワーク活動日が月2回から月3回に

【変更前】
逗子ギャングコースの開催日は第2日曜日と第3日曜日の2日間だけでした。2日間ともご都合が悪いとその月は参加できない、ということが起きていました。

【変更後】
活動日を増やし第2、第3、第4日曜日にフィールドワークを開催します。ご都合に応じて柔軟にご参加ください。

④ご入会が4月、10月の2回のみから通年可能に

【変更前】
4月と12月のみに参加者を募集していました。その間、参加したい、と思ってくださった皆さんを大変お待たせしてしまっておりました。

【変更後】
コース制からチケット制に移行することにより、通年でお申し込みを受け付けることにしました。ただしフィールドの安全性を担保するため、チケット発行数は一定以下で制限します。

⑤「スペシャルイベント」と原っぱ通貨「ドロ」を新たに導入

【変更前】
「スペシャルイベント」にあるような活動は課外活動として行って来ました。とても楽しい活動にも関わらず、サービスメニューになかったため実施するかどうかはそのときの盛り上がりや参加メンバーのノリによるところが多く、開催するかどうか不確定でした。

【変更後】
スペシャルイベントのそれぞれはフィールドワークとは別に実施していきます。一つ一つの企画は全員が参加できるものではないため、参加費等を頂戴しての実施としています。その際にチケット購入時に付与する原っぱ通貨「ドロ」をご利用いただけることとしました。

⑥初めてでも安心「ウェルカムブック」を導入

【変更前】
参加にあたっての持ち物や服装、アクセスなどの基本的な情報をFacebookのグループで皆さんにお知らせしていましたが、投稿が埋もれてしまい、情報が探せない、ということが起きていました。

【変更後】
服装や持ち物、アクセス、参加予約の方法等、会のご案内を詳細にまとめたウェルカムブックをお手元にお送りします。こちらをお手元に置いておいていただければ、毎回、持ち物等で迷わずにフィールドにご参加いただけます。

⑦毎回、フィールドにフォトグラファーが参加して写真撮影

【変更前】
フォトグラファーはフィールドに参加し、皆さんを撮影し写真データを差し上げていましたが不定期でした。

【変更後】
毎回、フィールドにフォトグラファーが参加し、皆さんの写真を撮影し、差し上げます。子どもたちの自由な表情や参加期間を通じての変化をお楽しみください。

原っぱ大学の割引券が逗子市のふるさと納税の返礼品に

【変更前】
ありませんでした。

【変更後】
原っぱ大学の割引券が逗子市のふるさと納税の返礼品になりました。チケット購入の際にご利用いただけます。
①寄付額:30,000円分→9,000円相当の割引チケット
②寄付額:50,000円分→15,000円相当のチケット
③寄付額:100,000円分→30,000円相当のチケット

⑨ひとり親世帯の応援制度を導入しました

【変更前】
ありませんでした。

【変更後】
ひとり親の世帯でもご参加いただきやすいよう応援制度をつくりました。対象でご利用ご希望の方は info@harppa-daigaku.jpまでメールにてご連絡ください。

⑩参加料金形態を変更しました

【変更前】
1年間のコース参加に対して以下の2パターンの料金体系でした。
①1年間一括のお支払い 120,000円(税別) ※途中退会時の返金なし
②4分割してのお支払い 30,000円×4回=120,000円(税別) ※お支払い月の前月15日までの退会のお申し出で未消化分はご返金

【変更後】
以下の3パターンの料金体系に変更になりました。

①チケット名:PASS6 (5,000ドロ付)
16,000円/回×6回分 96,000円(税別) 有効期間:発行から1年

②チケット名:PASS12 (10,000ドロ付)
15,000円/回×12回分 180,000円(税別)有効期間:発行から2年

③チケット名:原っぱ1year(30,000ドロ付)
250,000円(税別) 有効期間:発行から1年
ギャングコースの1年間全36回の開催日すべての好きなタイミングに好きなだけ参加いただけるパスポートです。(全36回参加の場合、1回あたり約7,000円)

なお、いずれのチケットもご購入後の返金はいたしません