原っぱ大学 HARAPPA UNIVERSITY原っぱ大学 HARAPPA UNIVERSITY

コロナ対策活動指針 facebook 体験・見学申込

8/22-24「原っぱ大学セイシュン」サマーキャンプ参加者募集中

HPU010_1pr

10歳~15歳ティーンズによる、ティーンズのためのサマーキャンプ

こんにちは。原っぱ大学ガクチョーツカコシです。原っぱ大学の新プロジェクトのご紹介です。その名も「原っぱ大学セイシュン」。どどーん。セイシュン、ええあの「青春」です。甘く酸っぱいドキドキするあれです。

「原っぱ大学セイシュン」は10歳-15歳のセイシュン入口世代に向けたプログラム。第1回は2泊3日のサマーキャンプを逗子のフィールド「村や」で実施します。これまでの原っぱ大学は親子参加のプログラムがメインでしたが、「セイシュン」は子ども単体参加のコースで、子どもたちによる子どもたちのためのプログラムとなります。

サマーキャンプは各地から様々なバックグラウンドをもつ子どもたちが集い、山の中で「サバイバル」する3日間。この3日間を通じて、アツい「友情」が芽生えたり、ときには思いっきりケンカしたり、ライバルに出会ったり、あるいはもしかして「恋」が始まったり…(オジサンの妄想スミマセン)。そんな子ども同士、同世代の仲間同士のギュッと詰まった時間を生み出せたらと思っています。

図3↑サマーキャンプのフィールド「村や」。「ないものだらけ」がたくさんの遊びの場。

身近なフィールドだからできる「失敗を繰り返す」サバイバルキャンプ

今回のサマーキャンプでは、原っぱ大学の活動フィールド「村や」で3日間を過ごします。村やには水道がありません。電気もありません。水洗トイレもありません。ないものだらけ。まずは自分たちの基地(寝床と調理場)をチームごとに切り拓いてつくる。食糧を調達する(町に買いに降りる or 海に取りに行く)。火をおこす。料理する。遊ぶ。語り合う。寝る。ないものだらけの空間、頼りになるお父さん・お母さんもいない、そんななか、自分たちで知恵を絞って身体をつかって助け合って、失敗を重ねてサバイブするキャンプです。火がつかない、食べ物が手に入らない、寝床が完成しない、仲間と意見が合わない…。全部大いに結構!試行錯誤を丸ごと体感してもらう時間。

町までは徒歩10分。大きなリスクが伴わない位置にはあるけれど、場はまったく整っていない。それは僕らのフィールド「村や」の魅力でもあります。台風などリスクが高い天候になる場合は原っぱ大学が管理する古民家「100sai」に避難も検討しますが、基本は山と海で子どもたち自身が「失敗を繰り返しながら」遊ぶ、生活する時間になります。

原っぱ大学セイシュンは同世代の多地域の「仲間」を育む場

原っぱ大学には様々な地域から参加者が集まります。おそらくセイシュンもそうなるでしょう。フィールドで子どもたちを見ていていいなと思うのは、お互いに名前を知らなくてもあっという間に友達、仲間になれること。過ごしている時間は短くても昔からの友達みたいになっていくということ。キャンプを通じてそんな「仲間」を学校や地域を超えてもつ、ということが彼らセイシュン世代の大きな財産になると思っています。

ちなみに「原っぱ大学セイシュン」では今回のサマーキャンプをスタートに、毎シーズン(秋の連休、冬休み、春休み、ゴールデンウィーク)ごとに定期開催する予定です(あくまで予定ですが…)。シーズンを超えて、同じ世代の仲間と繰り返し濃い時間を作ることで「学校」や「地域コミュニティ」を超えた仲間を見つけ、かけがえのない時間を積み重ねてもらえたらと思っています。

まあ難しいことは考えず、思いっきり遊べばいいと思います。サバイバルしましょう。
さあ、セイシュン世代、集まれ!

13563106_1118265544896243_685938990_n

お泊りは自作の基地で。写真は冬場に泊まったダンボール小屋

343_large

お風呂はドラム缶風呂。お湯は雨水を沸かす

IMG_2999

そもそも火がつけられるかしら?手出ししません

13517987_1115563548499776_54995655_o

夜は真っ暗の森。もちろん電気なんてない

これまで原っぱ大学は親子参加のプログラムにこだわってきました。なぜ子ども向けのプログラムを立ち上げたか、思いを下記ページにまとめました。併せてご一読ください;
「家族」でも、「学校の友人」でもない仲間と出会う場に

プログラム概要

■開催日時
2016年8月22日(月)-24日(水)

■集合・解散について
 集合:8月22日(月)11時 JR横須賀線逗子駅東口
 解散:8月24日(水)11時 JR横須賀線逗子駅東口
 
■参加対象
10歳-15歳の子ども
※上記年齢以外で参加ご希望の方はご相談ください

■募集人数
20名
※最低催行人数7名
※定員に達し次第締め切らせていただきます。

■参加費
1人あたり30000円(税込) 
※食費、宿泊費、保険代を含む
※入金は決済サービスPaypal(カード決済)もしくは銀行振り込みでお願いします。詳細はお申込み頂いた方にお伝えします
※キャンセルについて;
子どものイベントですので体調不良等、色々なご事情があると思いますのでなるべく柔軟に対応させて頂きます。キャンセルの際は準備・資材買い出しの関係から早めにご一報ください。
-7日前までのキャンセルは全額返金(振込手数料はご負担ください)
-7日前-当日は半額返金(振込手数料はご負担ください)

■大まかなプログラムの流れ
8/22(月)
11:00 逗子駅集合・村やへ移動
12:00 オリエンテーション・お昼(各自のお弁当)
13:00 チームに分かれて基地を開拓・基地づくり
基地ができ次第、夕食の準備
18:00ごろ 夕ご飯が食べられたらいいな
20:00 夜の探検

8/23(火)
8:00 起床・朝ごはん
午前中は山遊び&ランチ(おにぎり)をつくる
11:00 沢を下って磯に向けて降りる
12:00 磯でランチ、そのまま夕ご飯の食材を捕まえる
15:00 山に戻って夕ご飯を料理
18:00ごろ 夕ご飯が食べられたらいいな
夜は焚き火を囲んでまったり

8/24(水)
8:00 起床&朝ごはん
   片付けをして山を下山
11:00 逗子駅解散
※プログラムは天気・状況により変更する場合があります

■持ち物
・着替え(3日分+α)長袖ももたせてください
・雨具
・運動靴および履き替える靴
・サンダル(できればクロックスなどかかとがあるもの)
・軍手
・初日のランチお弁当
・小さめのリュックサック(磯や買い出しに出かける際に使います)
・寝袋(夏用の簡易なものでOK)
・常備薬
・コップ、プラスチックのお皿
・ヘッドランプ
※所持品にはすべて名前を書いてお持ちください

■注意事項
・プログラムは天気・状況により変更する場合があります。ご了承ください
・持ち物等の詳細のご連絡はお申込みいただいた方にご連絡いたします
・荒天の場合も古民家スペース100sai等を使いながら決行します
・ご不明点・ご質問等はinfo@harappa-daigaku.jpまで

■お申し込み方法
下記応募ボタンリンク先の申込フォームより必要事項をご入力ください