原っぱ大学 HARAPPA UNIVERSITY原っぱ大学 HARAPPA UNIVERSITY

コロナ対策活動指針 facebook 体験・見学申込

千葉スタッフ

毎度フィールドを盛り上げ、参加者さんをサポートする原っぱ大学が誇る千葉フィールドのスタッフを紹介します

ジョニー

原っぱでの役割:永遠のガキ大将

特技:水鉄砲バトル&超高速泥滑り&忘れること

高い所と水辺、そして泥んこをこよなく愛するジョニーです。同じことが出来ない性格のため、常に未開の地(フロンティア)を求め、猪突猛進しております。
みんなが森でエネルギーチャージしてくれるのが大好きです

あんちゃん

原っぱでの役割:子どもとよく遊ぶ人

特技:話を聞く&みんなと遊ぶ

遊びの内容が楽しいだけじゃなくて、「原っぱの場にいる」って、それが原っぱの価値だと思うんです。スタッフも参加者さんも、みんなその場の空気を作ってる大事な人って感じ。心地よい穏やかな信頼感、楽しむ雰囲気が原っぱの良さだと思ってます

かすみん

原っぱでの役割:子どもたちに同級生だと思われているカメラマン

特技:誰よりも蚊に刺されること

まったく理解できないタイミングで泣いたり笑ったり怒ったり無になったりする子どもたちを眺めるのが本当に好きです。それを、親じゃないオトナがなだめたりからかったり見守ったりする原っぱは最高です。

くら

原っぱでの役割:こどもの一員として全力で遊ぶ要員

特技:超速井戸からの水汲み・鬼ごっこ(元陸上部)

おとなもこどもも、森の中で、全力でとにかく遊ぶ!そんな原っぱ大学が大好きです!とりあえず自由にやってみる、やんちゃさが満点な原っぱ大学、スタッフながらも毎回わたしも全力で遊んで楽しんでます^ ^!いつも心に原っぱを♬

こうちゃん

原っぱでの役割:カメラマン兼原っぱデザイナー

特技:細かい手作業

心を解放できる場所。非日常を味わえる場所。知らなかった自分に出会える場所。やったとことないけどやってみようかなと思えるように、子ども大人たちの好奇心をくすぐっていきます。

さきこ

原っぱでの役割:サポートは任せて!事務局スタッフ

特技:よく笑う!

自分にとっての原っぱ大学は「親として」&「等身大で」楽しめる空間です。 原っぱのフィールドでこども達が少し背伸びした体験をする時の真剣な表情や好奇心全開の姿を見ると「親として」こどもの成長を感じて嬉しいし、自分自身も気づけば自然の中で「等身大で」五感フル回転して楽しんじゃってます。 こどももおとなも、無意識に周りに気を遣って疲れがちなこんな時代だからこそ、”あるがままあっていい”と受け入れてくれる自然のフィールドとコミュニティの存在は大事だな〜と実感しています! ぜひ一緒に楽しみましょう♪

しゅんぺー

原っぱでの役割:いつも一番童心に戻ってワクワクしてる人

特技:いざという時の全速力ダッシュ

私は元々原っぱ大学逗子のイチ参加者でした。そこからご縁があり、気づけば原っぱ大学千葉のスタッフとして関わらせてもらっています。原っぱの好きなところは、子どもだけでなく親も好き勝手過ごす、というところです。子どもとして、親として、こうあるべきというものは原っぱにはありません。めちゃくちゃ遊ぶ、のんびり焚き火にあたる、ひたすらぼーっとする。遊びもその時々関心が向いたことをやる。この忙しい現代で「自由に過ごせる時間」ってとっても貴重だと思います。私も皆さんとこの「自由さ」を楽しんでいきたいと思います。

シンヤ

原っぱでの役割:引っ込み思案のカメラマン

特技:アクシデント察知スキル

一言で「自然の中で遊ぶ」と言ってもその中にはいろんなことが含まれていて、スタッフでありながら原っぱ大学に行くたびに成長させられています。日々整理された街の中で暮らしていると雑多の極みである森の中で遊びを見つけることが難しく感じられ、途方に暮れることもしばしば。季節ごとに変化する森の中では予定調和がなく学びがたくさんあります。役に立つ・立たないという物差しもありませんが、その経験はきっと社会の中でも役に立つかも…?僕の中で原っぱ大学は、大人も子どもも肩書きも年齢も関係なく遊べる唯一の場所です。

そーこ

原っぱでの役割:自称 1955見守り隊

特技:自然大好き、子ども大好き❤️広く浅い知識の中から時々生み出すアイデア☝️

ひょんなことから参加した原っぱ。 60過ぎて集える場所が一つ増え、回を重ねる度にスタッフの魅力に引き寄せられ、元気をもらっています。 元気な子ども達の声、子どものようにはしゃいでいるオトナ、みんなみんな良いよ🤩 そんな場所に居られる幸せを実感😊

タカエ

原っぱでの役割:細々と地味に色々する人&おしゃべり仲間

特技:ママ達とのおしゃべり / 子どもが集中し始めたらそっと身を引く / 子ども達の可愛い瞬間をみつける

私自身が息子達と原っぱ(逗子)に通っていた事があります。慌しい毎日の中で毎月1回行く原っぱは、息子達が楽しむことに加えて、私も原っぱにいる人達の温かさや、ありのままで過ごせる束の間の時間に癒されていました。スタッフとなってからも、参加されている子ども達、カーさん、トーさんのおもいっきり楽しむ姿とリラックスした温かい笑顔に元気を貰っています。

太朗

原っぱでの役割:焚き火の大将

特技:薪割り、ノコギリ

原っぱ大学の好きなところは、オトナも子どもも生き生きと時間を忘れてしまうくらい各々の好きな事に熱中する所です。焚き火、薪割り、虫取り、泥滑り、鬼ごっこ、DIY。何をしても良いのでみんなが自分の好きな事に熱中してフィールドが活気付いている様子は見ててとても心地良いです

ふかちゃん

原っぱでの役割:原っぱ大学の案内人

特技:ザリガニに挟まれたって平常心

 『新しい自分発見〜原っぱ大学〜』目立たない極々普通の主婦の私ですが、ひとたび原っぱ大学に入れば泥んこになったり、ミラーボールの下で踊ったり、段ボールの船に乗ったりします。自分が思ってるより随分と愉快で逞しい自分を発見しちゃいました。

バクテン

原っぱでの役割:薪割りおじさん

特技:薪割り ピザ焼き

都会の喧騒から離れ、普段使わない筋肉を使うので身体はバキバキだけど、心はスッキリできる場所です!(自称スーパーボランティア)

まえちゃん

原っぱでの役割:ピザ窯とドラム缶風呂を守る男

特技:最適な温度のピザ窯とお風呂の温度を守ること

こんにちわ。スタッフまえちゃんです。 原っぱ大学には初めは参加者として参加していましたが、原っぱ大学での様々な活動にハマり、いつの間にかスタッフになっていました。 大人も子供もみんなが好きなことをやってもいいし、やらなくてもいい、そんな原っぱ大学の自由な時間が好きです。 ピザ窯で焼いたピザを食べたり、泥スライダーからのドラム缶風呂、ブランコなど、色んな遊びがたくさんできるので、子どもたちがどんな遊びをするのか、毎回毎回見ていて飽きません。 是非、佐倉の森で一緒に楽しい時間を過ごしましょう。