原っぱ大学 HARAPPA UNIVERSITY原っぱ大学 HARAPPA UNIVERSITY

スタッフ募集中 facebook 体験・見学申込

4/28(土)【第1回】秘密基地づくり学科

小枝、枯れ葉、丸太、蔦… 転がっているものは全部素材!
山を切り拓いて僕らだけの「秘密基地」を作ろう

幼稚園児の長男と遊んでたら「秘密基地づくり」の楽しさを思い出した

こんにちは。秘「密基地づくり学科」講師ツカです。皆さんは秘密基地を作った記憶ってありますか?僕は小さい頃、基地作りが大好きでした。家の片隅にベッドと押入れで作った小さな基地から、竹や倒木を組み合わせて山中に建造しようとして途中で計画倒れした壮大な基地まで、僕の小さい頃の思い出は秘密基地だらけでした。
そんな記憶は心の奥底にしまわれていましたが、ここ1、2年、幼稚園に上がった長男やその友達と秘密基地を作る機会があり、愉快な思い出が復活しました。改めて思ったことは子どもにとってはもちろん、一緒に遊ぶ僕自身(大人)にとっても秘密基地づくりって最高ということ。
何が最高かというと…

1) 想像力と構想力が刺激されるクリエイティブな営み
間取りはどうする?素材は?屋根はどうする?寝床は作る?秘密の抜け穴は?見張り台は作る?罠は仕掛ける??ありもののパーツと限られた敷地でシチュエーションを考えながらものを作り出すこと。基地づくりに求められるのは想像力と構想力。子どもにはモノづくりのイロハを、大人には普段使わない右脳の最奥部への刺激を与えてくれます(たぶん)。

2) 作り手みんなが仲間!チームワークのよき学び場
子ども同士ってすぐにケンカしたり競いあったり。それはそれでいいことなのですが、なかなかシビアな競争社会です。そんな子ども社会に、基地づくりは一時の休息を与えます。秘密基地の作り手はみんな仲間です。なんたって「秘密」を共有しているわけですから。みんなで楽しみながら共通の目的(基地の完成)を目指す過程で仲間とともに創造する喜びを味わえます。

3) 自然の中で体を使うのって最高に気持ちいい!
体を動かして、泥だらけになって、枯れ葉まみれになって、擦り傷だらけになって、洋服がちょっと破れちゃったりして。(ママは苦い顔をするかもしれませんが)そんな体験をすると、子どもは200%満面の笑顔をくれます。大人は普段のガチガチの仕事頭が研ぎほぐされて、ロジックだったり言葉だったりを超えた充ち足りた感じを味わえます。

裏山を開拓してゼロから創造!完成したら基地の中でみんなでランチ

そんなわけで、第1回「秘密基地づくり学科」です。三浦半島のsyoku-yaboさんのご協力により、最高の場をご提供いただきました。東京からは少々遠いと感じられるかもしれません(品川から電車で50分&バスで30分)が、基地作りに最適の環境です!周囲一面、畑と山、典型的な里山の風景。思いっきり走り回ってOK!自然の素材は何でも使ってOK!カフェスペースもあるので、一緒に来る下のコやママたちだってのんびり一日楽しめます。

秘密基地はsyoku-yaboさんの裏山を開拓して大人、子ども入り混じってつくります。事前に決めているのは基地にする大雑把な場所だけ。あとはその場でみんなで相談して藪を切り拓いて、間取りを考えて、材料(枝、丸太、枯れ葉…)を集めて、創造していきます。入口はどこ?寝床は?ダイニングは?秘密の抜け穴は?見張り台は??
基地が出来上がったらおいしいランチを基地の中で。(ちなみにランチはsyoku-yaboさんのカテ飯。自分たちの畑で採れた旬の野菜を素材にした自然食です)自然に囲まれ、自分たちが作った基地でご飯を食べる体験、想像するだけでワクワクしませんか?秘密基地づくりを通して、思い出に残る一日を一緒に創りましょう!ご家族での参加はもちろん、秘密基地作りのワクワクを思い出してしまった大人の方のご参加もお待ちしています!

こちらのイベントは終了しました。