原っぱ大学 HARAPPA UNIVERSITY原っぱ大学 HARAPPA UNIVERSITY

大阪スタッフ募集中 facebook 体験・見学申込

原っぱ大学 大阪にて新規開校(2020年5月)事業リーダー・フィールドスタッフ募集

関西で初めての原っぱ大学を「彩都」に開校すべく準備中

こんにちは。原っぱ大学ガクチョー ツカコシです。僕ら原っぱ大学は2015年2月に神奈川県逗子市で活動をはじめ、2017年4月に千葉県柏市(現在は同佐倉市)にフィールドを広げました。そしてこの度、3つめにして初の関西圏となる原っぱ大学のフィールドを立ち上げます。場所は大阪府の北部、箕面の山の麓、緑豊かな町「彩都」。

ワタクシ、関西の土地勘は一切ありません。そんなワタクシがありがたいご縁を頂いて予定地を初めて訪れたのがこの夏でした。

新大阪から車で30分と少々。北へ北へと車を走らせ、ふとあたりを見渡すと何とも心が安らぐ畑や林やらが見えてきました。たった30分でこの風景に巡り合える豊さ…。ワタクシ、小躍りしたくなりました。

「彩都」の落ち着いた街の景色の奥に広がる山々。その麓に原っぱ大学のフィールド予定地があります。広がる田んぼ、畑。小高い山。振り返ると遠くには梅田の高層ビル群が見下ろせる眺望。なんでしょうこのエネルギー溢れる土地は…。

活動のベースとなる平地があって、皆が探検に出かけられる小山があって、柔らかい土があって、小川があって…。そして何もない。トイレがない、水道がない、電気がない…。以前、逗子の原っぱ大学を評して、参加者の一人が伝えてくれたありがたい言葉があります。

「何にもないけど、何でもある場所」。

まさしく彩都のこの里山はそんな場所です。

一瞬で惚れました。

この地で原っぱ大学をやりたい。

土地に根差して活動してきたパートナーと一緒に始める

今回、ご縁をつないでくださったのは株式会社フォーシーカンパニーさん。彼らは15年に渡り、彩都の街に暮らす人々と共にコミュニティ育成を続けてきました。原っぱ大学大阪はフォーシーカンパニーとの共同事業として立ち上げます。

15年。ひとつの事業を同じ場所で継続する時間としては気が長くなるような歳月…。

実際、ワタクシはフォーシーカンパニーの社長の中澤さんと現地に下見に行ったのですが、現場での中澤さんは紛れもない“地元のおっちゃん”でした(←最上級のリスペクトを込めて!!)。畑仕事をするおじいちゃん、バイクや自転車で通りすがるおじさん、ひとりひとりと言葉を交わし、笑いながらやり取りをして、冗談を交わす。その背中に僕が感じたのは15年間、土地に根付いて活動してきた重みと自負でした。

原っぱ大学は土地とのご縁をこれまでも大切にしてきました。神奈川県逗子市は僕が生まれ育った町。千葉県佐倉市は事業リーダーであるジョニーの育った町。そしてここ、彩都は中澤さんらフォーシーカンパニーの皆さんが彩都に住む皆さんたちと時間をかけて育んできた里山。

その里山をさらに豊かな場所にしたい、という想いのもとで原っぱ大学にお声がけいただきました。この街に暮らす住民の皆さんと一緒に、そして、大阪・京都など関西エリアの親子とともにこの場所を大切に、遊び場を作っていきたいと思っています。

 

このチャレンジを共に楽しんでくれる仲間を募集

前置きがだいぶ長くなりましたが、そんなわけで2020年5月の開校に向けて、この新キャンパスのリーダー、スタッフを募集します。

原っぱ大学大阪開校は僕たちにとって大きなチャレンジです。関東圏のみで活動を広げてきたこれまでは、何かトラブルがあってもすぐに駆け付けられる、安心できる距離感で仕事場を固めてきていました。

今回のチャレンジの理由は3つあります。

1)原っぱ大学が作ってきた「大人と子どもが思い切り遊ぶ場」と、そしてそれを通じて生まれる皆さんのたくさんの笑顔やありがたい喜びの声を聞くにつけ、この場をもっと広げていきたいと確信しました。きっと、「関東」、「関西」といったエリアを越えて「原っぱで遊ぶ」価値はあらゆる場所で実現可能だと思っています。

2)これまでの知見から物理的距離が離れていても原っぱ大学の価値や目指す世界を共有して、仲間として共に働ける、そんな仕事場をきっと作っていけるという手ごたえを感じています。ここはまだまだ磨き途中。一緒に働き方をトライ&エラーしてくれる仲間と出会い、価値を共有していきたいです。

3)大阪キャンパスが将来的に多くの喜びや価値を生みだせるようになったら、さらにその先へ向かっていきたい。その「カタチ」を一緒に作り上げたい、そんな思いでいます。国内のまた違う場所へ。そしてその先には(まったく根拠がないけど)海外を見据えています。原っぱ大学を運営している会社は「HARAPPA株式会社」です。”HARAPPA”という価値観や概念をいつか海外に向けて輸出しようと名付けました。あはは、言葉にすると照れますが、いずれは「海外」に出る足掛かりとして、まず大阪に出ます。こんな「夢」に乗っかってくださる仲間と出会いたい!

取り留めなくスミマセン。そんなわけで、ビッグチャレンジ。この指にとまってくれる仲間、集まれー!

※↑の2枚の写真は千葉フィールドを立ち上げ運営している事業リーダー中井です。彼女のトライ&エラーの記録もきっと参考になると思います。彼女のインタビューを下記ページに記載しているのでこちらも併せてお読みください!

“原っぱ大学事業リーダー働きごこちインタビュー 千葉県佐倉の森キャンパス 中井祥子”

■大阪キャンパス(仮)事業リーダー募集概要

募集職種 事業リーダー
 


業務内容

大阪キャンパス(仮)のプログラム運営
・プログラムの企画、実施
・PR戦略の企画、実施
・フィールドの安全管理
・フィールドでのコミュニティ運営/オンライン上でのコミュニティ運営
・チームビルディング(スタッフ)
・その他イベント企画等付随する業務
大阪キャンパス(仮)を中心とした企業案件の企画・運営
・企業案件の提案、企画、運営

 

応募要件

・原っぱ大学の価値・事業に共感し、大人・子どもと遊ぶ場をつくることを楽しめること。
・ゼロからの事業立ち上げの困難を楽しみ、愉快に仕事をできること。
・仲間を大切にし、仲間とともに場を作り上げていくことに喜びを感じられること。
・「お金を稼ぐ」ことを楽しめ、企業案件を含めて大阪キャンパスを自律的に運営していくことに興味が持てること。
※野外活動や教育領域での経験は問いません。
待遇 業務委託・月額15万円(交通費別途)※半年更新、企業案件は成果により別途相談

勤務地
原っぱ大学大阪キャンパス(仮):大阪府茨木市(フィールド開催時)
※日常の業務は任意の場所で可
勤務開始時期 応相談
応募方法 当ページ最下段の応募ボタン先にあるフォームに必要事項を明記の上、ご応募ください。書類選考のうえ、面接を実施させていただきます。基本は関西でお会いしますが場合によってはオンライン面談になる可能性もあります。

 

■大阪キャンパス(仮)フィールドスタッフ募集概要

応募職種 フィールドスタッフ
業務内容 大阪キャンパス(仮)のプログラム運営
・参加ファミリーとのコミュニケーション
・大人、子どもと一緒に遊ぶ
・フィールドの安全管理
・フィールドの準備/片付け/整備

応募要件
・原っぱ大学の事業に共感し、大人・子どもと遊ぶ場をつくることを楽しめること。
・仲間を大切にし、仲間とともに場を作り上げていくことに喜びを感じられること。
※野外活動や教育領域での経験は問いません。
待遇 業務委託契約・日当8000円~ ※その他付随する業務は応相談

勤務地
原っぱ大学大阪キャンパス(仮):大阪府茨木市(フィールド開催時)
※日常の業務は任意の場所で可
勤務開始時期 応相談
応募方法 当ページ最下段の応募ボタン先にある必要事項を明記の上、ご応募ください。書類選考のうえ、面接を実施させていただきます。基本は関西でお会いしますが場合によってはオンライン面談になる可能性もあります。