原っぱ大学 HARAPPA UNIVERSITY原っぱ大学 HARAPPA UNIVERSITY

柏かわせみキャンパス募集中 facebook 体験・見学申込

原っぱ大学2期がスタートしています!

1-9

暖かくなってきました!

原っぱ大学スタッフのミホです。

ガクチョーに任せておくとブログが停滞してしまうので、

時々現れては、原っぱ大学の活動や、考えていること、

スタッフの「あーだこーだ」についてお知らせしていきたいと思います。

 

先日、原っぱ大学2期がスタートしました!

まずはBコースから。

(Aコースは悪天候のため残念ながら中止になっています)

 

まだ寒い2月半ばに、28家族、総勢70人超の大人子供が集結。

地元逗子はもとより、遠くは静岡や埼玉から。

集った場所は逗子の山中にある秘密基地「村や」。住宅地から10分ほど山道を登った場所にあります。

1-1

慣れない場所、初めて会う仲間。

はじめは大人も子供も少し神妙な表情です。

でも、子供達は早くも感じています「なんか、ちょっと、ここ、おもしろい」。

そして「初対面の仲間」「初対面の自然」と遊び始める。

子供達はお昼を食べるや否や、最初のとまどいが嘘のようにパッとフィールドに飛び散って行きました。

小さい人達の垣根はとても低い。

1-2

ここで何をするか?

何をしてもいいんですよ。

 

制限はあります。

下水道がない。

確実に汚れます。

トイレだって手づくりです。

自然の中なので、怪我などのリスクもあります。

1-4

 

原っぱ大学にはいろんなパーソナリティが集まります。

オープンな方だってシャイな方だっていらっしゃいます。

自然に親しんできた方もそうじゃない方もいらっしゃいます。

 

ぜんぜん、いいんです。

というか、みんなみんなウエルカム。

 

同じ焚き火を囲んでご飯を食べる。

自然の中で一緒に、ただ遊びに向き合う。

たまたま「原っぱ大学」の同じコースに申し込んじゃって、たまたま1年間、月に1回顔を合わせることになっちゃって。

後から考えると、懐かしくきっとおかしく笑いあえる。

そんな仲間に自然となっていく不思議。

 

この日は前日の大雨で足下がぬかるみ滑りやすい中、「村や」周辺の探検に出発。

木にロープを結んで崖を降りたり、登ったり。

大きい人も小さい人も、一気に集中。集中しないと怪我をする。全身で山遊び。

1-3

そんな時間を経て、来てくれた人達はどんどん開かれていきました。

 

子供達は原っぱ大学名物「泥滑り」を始める。

1-6

泥滑りできる場所に来たからって、滑っても滑らなくても良いんです。

がんがん滑る子。

絶対滑らない子(最初はね)。

みんなが滑って盛り上がって散った後に、静かに1人で滑ってみる子。

 

でも「はっ!」と気づくと、お尻が濡れて、泥だらけ。

「気持ち悪い~~~!!!!!」と泣き出すシーンは毎度です。

1-7

快も不快もあります。

不便な山の中ですから。

 

気持ち悪かったら、思いっきり泣きましょう。

楽しかったら、思いっきり笑いましょう。

快も不快も、思いっきり味わいましょう。

 

自然と時間は不思議なもんで、だんだんおおらかになれます。

子供が自然に野山を味わい尽くすように、大人も見習っていきます。

 

この前のスタッフミーティングで、「自然の中で過ごす意味を、言葉にして伝えるとすると、何て言ったらよい?」と聞いてみました。

各スタッフが雄弁に語った後に、ガクチョーが満面の笑みで一言。

「楽しいから!!!!!」…確かに。

他のスタッフがどう答えたかは、また別の機会にお伝えできれば。

1-8

Bコースの皆さん、ありがとうございました!

 

あぁ、大雨で中止になってしまった、Aコースの皆さん、次回が楽しみです!

良いお天気に恵まれますように。

 

興味が湧いちゃった、そこのアナタ!ゼヒ一緒に遊びましょう!